臨床工学技師とは|理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが鉄則

理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが鉄則

臨床工学技師とは

男性

臨床工学技師は、人気がある医療系の資格で、就業する人も増加傾向にあるのが現状です。医師の指示の下で、人工呼吸器や人工透析装置などの操作や保守点検を行うのが仕事です。臨床工学技師の養成課程がある専門学校などで学び、国家試験に合格する必要があるのです。患者の生命や健康を左右するやり甲斐がある仕事で、他の医療系の資格と比較して短期間で取得できることが人気のある要因です。就職先は医療機関が主となりますが、機器を扱うメーカーや公務員として活躍することが可能です。機械に精通していて手先が器用であることが求められ、集団で仕事を行なうことが多いです。業務は多岐に渡るほか、臨床面でもスペシャリストになることが可能です。

臨床工学技師は、医師や看護師とともに1つのチームを組んで仕事を行なうことが多いです。チームとして仕事をすることから、コミュニケーション能力や協調性が求められると言えるでしょう。近年の医療機器の複雑化に伴い、常に機械について勉強し続けることも必要な資質です。人工呼吸器などを使用している患者は、体調が急に変化することもあるので、変化に気付く能力も必要です。臨床検査技師の養成校を卒業し、臨床工学技師の養成校を卒業すると、両方の資格を取得することが可能です。臨床検査技師資格を持っていると、短期間で資格を取得できる道が開かれているのです。2つの医療を持つことで、仕事の幅や活躍する場がより広くなるでしょう。