理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが鉄則

女の人

メリットがある資格の取得

役に立つ国家資格の取得を考えるなら、自分の得意分野の資格を探してみると良いでしょう。インターネット上に国家資格の一覧がありますので、そちらにしっかりと目を通せば、お目当てのものを簡単に見つけることができます。

学生

医学部に進学すること

医者という肩書は医療に携わる人間として世間的に価値が高い上、安定した高い収入が約束されています。医者になるためには大学受験で医学部に進む必要があるのです。そのためには予備校を利用して効率よく勉強するのが一番の近道となります。

資格の取得に必要なこと

ウーマン

資格の取得に繋がります

運動器系疾患は骨折や打撲といった怪我で発生することが、一般的に認識されていますが、内科系疾患によっても発生することがあります。なかでも有病率の高い高脂血症や高血圧症などを背景とすることが多い脳血管障害は、後遺症として運動器系疾患を発生することが有名です。こうした運動器系疾患を患った際のリハビリテーションを、医療機関において担当する職業のひとつが理学療法士です。理学療法士は欧米で生まれた職業で、主に昭和のころに日本においても必要性が認識されるようになりました。日本において理学療法士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要がありますが、そのためにはまず専門学校の単位を修得しなければなりません。したがって理学療法士として、運動器系疾患のリハビリテーションを行う治療を志す人は、専門学校に通うと資格の取得に繋がります。

実技が大切です

このような理学療法士の専門学校で学ぶカリキュラムは、厚生労働省の管轄の下でしっかりと定められたものです。理学療法士の専門学校で学ぶカリキュラムは、進化を続けている医療の全般に渡るために、広範な内容になっています。そうしたなかでも実技に関するカリキュラムは、たいへん重要視されていて、多くの時間が割り当てられています。そしてこの実技に関するカリキュラムは、単に受けるだけではなくて、専門学校における実力判定で合格しなければなりません。そうして実技の実力が専門学校で認められることによって、はじめて国家試験の受験資格が与えられることになるのです。したがって理学療法士の専門学校に通う際には、リハビリテーションの実技を重視して受けると、国家試験という大きな目的に適います。

男性

臨床工学技師とは

臨床工学技師は、医療系の国家資格の1つで、職に就く人も年々増えているのが現状です。チームの一員として仕事することから、責任感や協調性が求められるのです。医療機関だけでなく、様々な場所で活躍することも可能です。